健康食品に含まれる成分を把握すれば最適な物を選択可能

売主が負う瑕疵担保責任について

売主が負う瑕疵担保責任について

不動産は他の商品に比べて価値の高い商品なので、売却をするにおいていろいろな責任を負うことになります。そして不動産売却をするにおいて売主が負う責任の一つに瑕疵担保責任があります。瑕疵担保責任とは売却する不動産にいろいろな欠陥があった場合において、一定の期間内であれば売主に責任がなくても責任を負うというものです。不動産は高額な商品であるため買主にもある程度の保護が必要となるため、この責任が存在します。
こちらにアクセス!マンション売却査定相場救助隊.jpはこちらにどうぞ。

 

そして不動産の売買契約において個人と個人が売買をする場合であれば瑕疵担保責任を自由に決めることが可能です。瑕疵担保責任は民法の規定によれば瑕疵を知ってから1年以内は責任を負うと定められていますが、特約で期間を自由に決めたり、排除したりすることもできます。

 

そしてある程度古い物件を売買する場合は瑕疵担保責任を排除し、通常の物件であれば瑕疵担保責任の期間を3ヶ月から長くても6ヶ月くらいに定めるのが一般的です。

ホーム RSS購読 サイトマップ